活動報告

2019.11.15

【竹尾好惠のメッセージ】

高齢になると「きょうようがあること」が大事です。きょうようは、教養のことではありません。「今日、用(きょう、よう)がある」と、社会に参加することが大事なのです。
そこで1億人元気運動協会は、 “スゴイ手ぬぐい”を制作しました。手ぬぐいには、チェアエクササイズⓇ骨ばん背ぼね体操がプリントされています。手ぬぐいにプリントされている4つの体操は、カンタンでいつでも誰でもできます。この体操をきっかけに集まる用事をつくってもらうのです。

このアイディアをMakuake(マクアケ)クラウドファンディングに、“高齢者の生きがいづくりを支える~スゴイ手ぬぐい体操”のテーマでエントリーしました。
クラウドファンディングをご存じですか?インターネットを通して自分の活動や夢を発信することで、想いに共感した人や活動を応援したいと思ってくれる人から資金を募るしくみです。

高齢になり、たとえ身体に不自由があっても「私は健康です」と言える人は生きがいがある人だと感じています。誰しもが老化し身体機能は低下しますが、精神の向上はいつまでも図れます。

本協会が提案する手ぬぐいで、高齢者の社会参加を促し、精神の充実につなげたい。高齢者が高齢者を互いに支えあう社会をつくる。そのきっかけを手ぬぐいがつくるのです。
体操は多少、間違っていても不格好でも構わない。高齢者の集会や子や孫が祖父母とともになどと、コミュニケーションのツールにチェアエクササイズを役立てて欲しい。
運動を一方通行に教えて終わりではなく、超高齢社会を支える一般の人達を増やし、いつまでも生きがいを持って、自分らしく過ごせる社会を創生したいと考えています。

以上の手ぬぐいに関するプロジェクトは、本協会が9月よりキックオフした「29CP(ふきゅーしーぴー)」の活動の1つです。「29CP」については、今後のメールメッセージで詳しくご紹介します。

Makuakeクラウドファンディングは、11月28日よりスタートします。本協会ホームページからもアクセスしていただけます。手ぬぐいを教室のツールに、またお友達やご両親にいかがでしょうか?皆様のご支援を心よりお待ちしています。何卒、よろしくお願いします。
https://www.makuake.com/
https://www.genki-kyokai.com/

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

指導者を目指す方へ


※次のページはNPO法人1億人元気運動協会のWEBサイトへリンクします。
セミナー・フォーラム情報

検索

カレンダー

«11月»
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フィード

ブログ内検索

ページの先頭へ