活動報告

2016.02.28

東洋医学の陰陽五行説というのはご存じだろうか?(竹尾吉枝のコラム)

東洋医学の陰陽五行説というのはご存じだろうか?人には各々体質があり、体型は性格を表しているとのこと。食べ物にも体質によって良いものと、あまり良くないものがあるそうだ。
そういえば、元気kai!でお招きした“経絡ストレッチ”の朝日山先生もご講義で、そのようなことを説いていらっしゃった記憶がある。
恥ずかしながらこの年になって、自分の本質というものをあまりわかっていなかったように思う(笑)。私は“脾”の体質らしく、思慮深く慎重、生まじめ、つまりいつも憂い(心配性)の人らしい。自分のことを『即決で楽観的』と思っていた。
協会や会社の代表、両親の介護等の立場に立ち、自分の本質というものを塗りかえていかなければならない自分があったのか、と思う。
このことをスタッフNに言うと、「せんせいの性格、みんな知っていますよ(笑)」とのこと。『エー!そうやったん?知らんかったのは自分だけやってんやん(汗)』。
今、東洋医学で、体調が日々良くなってきている。西洋医学の進歩も素晴らしいが、統合医療が東洋の日本でもっと発展してほしいと思う。
与えられた立場に自分を変えていくことは、ある程度の年齢になれば当たり前のことである。老いるごとに童心に帰るとは、様々な役目を返上し、素の自分に戻りつつあるからではないだろうか、と思う。

さて先日、元気kai!東京会場が盛況で終了した。3月31日は福岡会場の開催を予定している。“デュアルタスク、転倒予防”の山田実先生、第一人者の最新のデータ満載であるが、意外にも転倒予防のコツはそこにあったのか!という現場経験に基づいたご意見。“高齢者のレクリエーション”の佐藤靖典先生、いつものゲーム紹介と思ったら大間違い!運動指導者の礎が、このレクリエーションにある。そして私のチェアエクササイズ応用編となる。
http://www.genki-kyokai.com/blog/2016/02/2120/
エビデンスやテクニック、ネタ紹介だけではないプロフェッショナルの本質というものを講座で感じていただければと思う。定員間近のクラスもあるので、お早めにお申込みを。
http://www.genki-kyokai.com/topics/2015/153/

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

指導者を目指す方へ


※次のページはNPO法人1億人元気運動協会のWEBサイトへリンクします。
セミナー・フォーラム情報

検索

カレンダー

«2月»
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29      

フィード

ブログ内検索

ページの先頭へ