活動報告

2015.01.15

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。今年もメールメンバーの皆さま、よろしくお願いします。

『なぜチェアエクササイズを始めたの?』という質問を何度かお受けします。私が椅子座位の運動とはじめて出会ったのは、28年前位になるでしょうか?アメリカLAで開催されたIDEA(海外コンベンション)に参加した時でした。“エアロビ(笑)”全盛期の頃で、IDEAに参加するのが、実力派インストラクターとしてのステイタスの時代でした。このIDEAは今も(公社)日本フィットネス協会がツアーを企画しています(http://www.jafanet.jp/event/workshop_tour/)。
私は20代前半で気力・体力ともにみなぎっているお年頃です(笑)。アーリーバードという早朝6時台のクラスから始まり、激しいエアロのクラスを3~4本受講していました。しかし希望通りのクラスを選択できない時もあり、時々第2・3希望のクラスが割当てられます。会場に着くと椅子が並べられてあり、“講義クラスかな?”と思うと講座タイトルは『Sit&Fit』とありました。エアロのクラスでないのか…と落胆した気分で、講座が開始されるのを待っていると、金髪のショートカットで、ウエアはランニングシャツにショートパンツ。他のプレゼンターと比較し年配の上品な女性が登壇しました。その時代のウエアは、超ハイレグにヘアバンドという感じでしたので、そのウエアはある種、ピチピチギャル(笑)の私にとっては印象的でした。
実技が開始し、予想を反して楽しく驚いたことと(笑)、“へぇー、座っていてもこんなに運動ができるんだ!!”と感心したこと。何よりも講師の女性のイキイキとした表情、そして堂々としたプレゼンテーションに“あのおばちゃん、めちゃかっこいい!!”と稲妻が私のカラダに走ったのです。
しかし帰国後はそんなことも忘れ(笑)、毎日をエアロ&フィットネスに没頭し、仕事に励んでいました。その後、2~3年後でしょうか?アメリカ研修旅行後、ひとりサンフランシスコに姉のコネで語学遊学を数か月します(実姉は英語教育者です)。朝5時台にテレビをつけるとなんとあの女性講師が出演しています。アメリカはその頃からチャンネル数が多く、『Sit&Fit』は立派な番組だったのです。私の眼をくぎ付けにしたのは、後ろに従えた生徒です。それはリアルな80代位の男女で、介護度でいうと要介護2位でしょうか。 “アメリカはすごいなぁー。こんな高齢者でも一生懸命運動している。こんな高齢者対象の運動番組があるなんて…”、と今度は私の脳に稲妻が走りました(笑)。
その後、毎朝早朝に起床し、その番組を見ていました。あの時のリアルな高齢者の様子は今も忘れられません。
日本はその頃、まだまだ高齢社会対策は程遠く、アメリカは社会保障制度の関係で、約30年以上前から介護予防は健康づくりの一環として行われていたのですね。チェアエクササイズを開発したきっかけは、『Sit&Fit』の出会いとその時の感動が大きく影響しています。あの先生ともう一度、会いたいなぁ。私が今まで観た中で、高齢者対象運動指導者として一番の素晴らしい笑顔でしたよ。

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

指導者を目指す方へ


※次のページはNPO法人1億人元気運動協会のWEBサイトへリンクします。
セミナー・フォーラム情報

検索

カレンダー

«1月»
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

フィード

ブログ内検索

ページの先頭へ