活動報告

2017.11.21

「サーキットチェア®」で地域介護予防支援事業

厚生労働省は、団塊の世代が75歳以上となる2025年を目途に、重度な要介護状態となっても住み慣れた地域で自分らし
い暮らしを人生の最後まで続けることができるよう、医療・介護・予防・住まい・生活支援が一体的に提供される
地域包括ケアシステムの構築を目指しています。地域包括ケアシステムは、保険者である市町村や都道府県が、地域の自主性や主体性に基づき、地域の特性に応じて作り上げていくこと、とされているため、担当各所は様々な取り組みを始めています。

弊社は平成12年より、地域住民主体の介護予防教室とその自主化を目的とする事業をいくつも担当し、様々なパターンの事業を支援してきました。介護予防教室・サークルの立ち上げから運営、自主化、定期フォローまで、地域住民のグループが末永く自主活動を継続できるような仕組みを戦略的に支援しています。
豊富な経験から、各自治体の展望や方向性を理解し、地域全体を視野に入れた運営と自主化へのブレーン的支援と、実際に地域住民とふれあい、介護・認知症予防のための運動や講話を、自主化を念頭においた指導法で支援するマンパワー支援とで、介護予防事業の達成のみならず地域力向上を目標として行動します。

地域オリジナル体操をツールに事業支援をすることが多い中、現在は弊社オリジナルエクササイズ「サーキットチェア・エクササイズ」のDVDを利用し、楽しく効果的に介護予防事業を展開しています。
各自主教室に数回、運動指導者を派遣し、安全で効果的な運動方法の指導と介護予防講話、体力測定・評価等を行い、無理なく自然に自主化へと導いています。
サーキットチェア・エクササイズは、椅子1つでリズミカルな有酸素運動と使用部位をフォーカスした筋力トレーニング・コンディショニング、ストレッチ体操を総合的に実践できる、科学的根拠のあるエクササイズです。覚えやすく楽しいエクササイズは、運動指導者がいなくても、ご自宅でも継続することができるツールです。
https://youtu.be/S0tTponiJXw
http://gk-sup.com/shop/catalog/12/D-004/

地域支援事業、総合事業等での介護予防プログラムのお悩みや支援のご希望がございましたら、お気軽にお問い合わせください。親身にご対応いたします。

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

指導者を目指す方へ


※次のページはNPO法人1億人元気運動協会のWEBサイトへリンクします。
セミナー・フォーラム情報

検索

カレンダー

«11月»
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   

フィード

ブログ内検索

ページの先頭へ